オウンドメディア、ネイティブ広告、コンテンツマーケティングに関する話題をお届け。株式会社はてなが運営しています。

編集

オウンドメディアの「編集」に関する記事一覧です。はてなではオウンドメディアのコンテンツ制作サービスを提供しています。

急に担当者になったあなたへ!オウンドメディアづくりの基礎的な考え方

オウンドメディアなら【はてな】。オウンドメディアの担当者になった方向けにオウンドメディアの立ち上げ方の基礎的な考え方を解説します。目的の整理からコンテンツの企画、結果の振り返りまでを実際に企業から受けた相談内容をもとに、オウンドメディア立…

オウンドメディアのファンを増やす「シリーズ化コンテンツ」のススメ

オウンドメディアなら【はてな】。メディアのファンになってもらうためには、質が高いことはもちろん、読者にとって有益なコンテンツを作り「読者に『信頼』されること」、より多くの「ファンになる可能性がある潜在層」にコンテンツを届けて「メディアに何…

誰をどんな気持ちにしたいのか「コンテンツ設計」を考えよう 〈オウンドメディアのつくり方 第3回〉

オウンドメディアなら【はてな】。オウンドメディアの「コンテンツ設計」について紹介します。コンテンツ設計とは、どのようなジャンル・切り口の記事を配信するのか方針を決める作業です。この記事では具体的な3つの切り口を紹介します。

企業課題と読者の架け橋となる「メディアコンセプト」を決めよう 〈オウンドメディアのつくり方 第2回〉

オウンドメディアなら【はてな】。魅力的なコンテンツ案を考えるのも大事ですが、まずは指針となるメディアコンセプトをつくることが重要です。メディアコンセプトとは「企業課題」と「ユーザー(読者)」をつなぐ架け橋になる言葉です。サイトデザインやコ…

設計シートを使って「決めなければいけないこと」の全体像を把握しよう 〈オウンドメディアのつくり方 第1回〉

オウンドメディアなら【はてな】。企業ブランディング、商品訴求、採用促進など、オウンドメディアには企業ごとに異なる目的があります。しかし、オウンドメディアを立ち上げる際に必要な項目は共通しています。まずは決めなければならない項目の全体像を把…

H.I.S.が「タビジョ」事例を公開 - はてなコンテンツマーケティングセミナーレポート

オウンドメディアなら【はてな】。2018年4月24日(火)に開催したセミナーでは、H.I.S.「タビジョ」のInstagram活用事例を中心に、ユーザーコミュニティやユーザー投稿コンテンツの力を借りたコンテンツマーケティングについてご紹介しました。

「オウンドメディアで“いいコンテンツ”を作るには?」に、はてな編集部が答えます

オウンドメディアなら【はてな】。オウンドメディアの導入を検討していたり、現在運用を検討している担当者さまに向けて、「さまざまなオウンドメディアを運用しているはてな編集部の『運営のTIPS』」をお届けいたします。アンケート形式でオウンドメディア…

はてなブロガーに記事の執筆を依頼する理由〜「好きなもの」を主観で語れる強さ〜

オウンドメディアなら【はてな】。はてな編集部がはてなブロガーさんに記事執筆を依頼する理由や、より良いコンテンツにするために心掛けていることなどを、私たちなりの視点で紹介します。

オウンドメディア運用の課題を一緒に解決したい――はてなの資産を活かした「はてな MediaSuite」の紹介

オウンドメディアなら【はてな】。これまでの広告施策が効きにくくなったと感じていませんか?オウンドメディア担当者が抱えがちな課題をふまえつつ、はてなが提供するオウンドメディア支援ソリューション「はてな MediaSuite」を紹介します。

“読まれる”オウンドメディアを制作するために、はてなの編集者が考えていること

オウンドメディアなら【はてな】。人気メディアに成長するオウンドメディアが存在する一方、残念ながらあまり読まれないオウンドメディアがあることも事実です。本稿では、「読まれるオウンドメディア」を作るために、実際に企画を考え記事を作っているはて…

ノオト宮脇氏×徳谷柿次郎氏×はてな – はてなオウンドメディアマーケティングセミナー座談会レポート

オウンドメディアなら【はてな】。2017年10月5日に「はてなオウンドメディアマーケティングセミナー」を開催しました。コンテンツメーカー 有限会社ノオト 代表取締役 宮脇淳氏と、株式会社Huuuu 代表取締役 / どこでも地元メディア「ジモコロ」編集長 徳谷…

元オウンドメディア編集長の私が考える、オウンドメディア運用で外しちゃいけないこと

オウンドメディアなら【はてな】。今回は、はてなのオウンドメディア運用支援チームがどんな考えでオウンドメディア運用のご支援を行っているのかをご紹介します。そして元オウンドメディア編集長の私が考える、オウンドメディア運用で外しちゃいけないこと…